トップ

カラコン基礎知識

コンタクトレンズ未経験の方へ

ご注文時に眼科医の視力矯正による処方データが必要です。眼科で装用指導を受け、正しい装着方法、レンズケア方法、使用上の注意事項を十分理解し た上でご注文ください。また、目に異常がある場合や他の方のコンタクトレンズの使い回しは感染症など目の重大なトラブルを起こす恐れがありますので、絶対におやめください。

カラコンの着色方法について

サンドイッチ構造

当店取扱いメーカーのカラーコンタクトは、色素が直接目に触れず安全な「サンドイッチ構造」を採用しております。

デカ目カラコンとは

日本人の虹彩径(黒目の大きさ)の平均は 12.5mmです。従来のカラーコンタクトは虹彩径が12.5mmであるため、黒目を大きく見せる効果はあまりありません。

当サイトで取扱いのカラーコンタクト(デカ目カラコン)は、 「瞳を大きく、目ヂカラアップ」をコンセプトに開発され、その虹彩径(着色径)は13.7~16.0mmとなっています。このためすべて瞳が約10%以上大きくなり(※デカ目)、黄金比率の目もと(※瞳が目の横幅の50%前後を占める美しい目もと)を実現します。なお、当店の定義でのレンズ直径や着色径の測定方法はそれぞれ曲面測定、平面測定となっており、参考データとなりますので、お客様の自己測定と若干の誤差が生じる場合がございますので、その点あらかじめ ご了承くださいませ。(曲面測定:そのままの形状での測定、平面測定:垂直に圧力をかけ平面にした状態での測定)

レンズ直径

ベースカーブ、度数について

ベースカーブは、レンズ内面のカーブのことです。 度数は視力ではなくコンタクトレンズの屈折率です。コンタクトレンズを選ぶときには、ご自分に合ったベースカーブ(BC)、度数(PWR)を知っておく必 要があります。これらは眼科医を受診し、コンタクトレンズの矯正視力検査により判明します。発行された処方せんには、これらのデータが明記されて いますので、注文時にご参照ください。

ベースカーブ許容範囲

※処方データと同じベースカーブの商品がない場合は、下図をご参照いただき、処方データに一番近いベースカーブのカラコンをお選びください。ベー スカーブ許容範囲内で数値の小さい方を選ぶとズレによる瞳の露出少ないとされています。

カラコンの使い方

カラコンのつけ外しは以下の方法で行ないます

装着方法

レンズの外し方

1日の装着スケジュール

カラコンは着色していない通常のソフトレンズと同じではなく、健常時で1日6-8時間です。ドライアイの方や、パソコンなど目を酷使する作業をす るときはさらに短縮します。装着時間を延ばすには、頻繁に市販のコンタクト用の人工類液点眼をする必要があります。エアコン、パソコン、コンタク トレンズは「3つのコン」といわれるくらい目に負担を与えますので、正しい使用法を厳守してください。わからない時は、眼科で装用指導を受けられ ますので、初心者の方は必ず受けるようにしてください。また、症状がなくても定期的に目の健康診断を受けるようにしましょう。

カラコンの洗浄、消毒、保管について

レンズに付着する汚れの2大要素は、体外から付着してくる汚れと、体内から分泌される汚れです。体外から付着する汚れには汗、ほこり、化粧品、タ バコのけむり、レンズに触れる指先に付いている汚れなどがあります。また、カビやバクテリアなどの「雑菌」は、消毒が必要とされる汚れです。 一方、体内からの分泌されるタンパク質、脂質、カルシウムなどの汚れは、各成分がまじり合い、涙を媒介としてレンズの両面に付着します。レンズは、高含水 率の材質でできているため、汚れが付着しやすく、雑菌が繁殖し、感染症などの眼障害の原因になります。

ケア用品(マルチパーパスソリューション、以下MPS)をもちいて、正しく「こすり洗い」をすることによって、体外から付着してくる汚れ、体内か ら分泌される脂質やカルシウムなどの汚れやレンズ表面に付着した雑菌を落とすことができます。「こすり洗い」による洗浄を行い、レンズ表面の雑菌 をできるだけ少ない状態にして、消毒、保管をすることは大変重要です。 ただし、体内から分泌されるタンパク質は、他の汚れと違い、MPSでは完全に除去できませんので、市販のタンパク質専用のケア用品と併用してください。

常温(1~30℃)で直射日光のあたらない場所に保管してください。冷蔵庫・冷凍庫内やテレビ・電子レンジなど電化製品の上で保管すると変形や破 損の原因になりますのでご注意ください。

カラコンの洗浄、消毒、保管

正しい方法で「こすり洗い」をしなければ、効果が得られないだけでなく、レンズの破損の原因になりますので、下図を参考にしてください。

こすり洗い

商品の使用期限について

各商品の使用期限は、レンズが入った容器のラベルに「EXP」で記載されています。たとえば、20XX.1.1であれば、20XX.1.1までに 開封し、使用を始めた日からメーカー推奨の標準使用期間(6-8ヶ月)ご使用可能である事を示します。セット販売など2組以上のご購入やスペア用をご購入の方は商 品到着時にをすべて開封し、レンズに亀裂、変形、装着時の違和感などの異常がないかを必ずご確認下さい。開封後、付属のケースに移していただき、 ケア用品(マルチパーパスソリューション、MPS)を月1-2回くらいの割合で交換していただけば、実際の使用開始日より標準6-8カ月ご使用い ただけます。 ただし、使用方法、使用頻度やレンズケアに左右されますので、充血や違和感などの異常が現れた場合は、使用期限内であっても新しいものと交換してください。

レンズの裏表の見分け方

装着時にレンズの表と裏を間違えずに見分けることは、目のトラブルやレンズの亀裂や欠けなどの破損を防止する上で基本となります。下図のようにカ ラコンを人さし指の先に乗せて横から見たときに、レンズが裏返っている場合には、レンズのフチがわずかに外側に反転します。レンズを裏返せばすぐ 元の状態に戻りますので、レンズ装着時には毎回チェックしてください。また、商品の配送過程で振動などにより商品到着時に容器内で裏返しになっている場合がありますので、装着時の違和感やズレによる初期不良と判断される前に必ずご確認ください。

レンズの表と裏

眼科での検査について

眼科を受診したとき実施される検査は、おおむね以下のような流れになっています。

眼科体験コーナー